冬の乾燥は顔の肌だけにトラブルを引き起こすわけではありません。一番乾燥による影響を受けるのは顔ではなく手です。手は洗い物をしている時に水に触れることが多く非常に乾燥しやすい場所です。本来人間の肌は乾燥を防ぐために皮脂膜によって守られています。しかし手は皮脂腺が少なく、皮脂膜による保湿効果を期待することはできません。水に濡れていると少ない皮脂が簡単に洗い流されてしまい、乾燥しやすくなってしまうのです。冬は寒い季節で水も非常に冷たくなります。冷たい水に触れていると指先のような末端は特に冷えてしまい、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるとさらに保湿機能が低下することになり乾燥を招く結果となってしまうのです。冬は顔以上の手の乾燥に注意を払わないといけません。手の乾燥は痒みやささくれ、手あれの症状が出てきてつらい思いをしないといけなくなります。ひび割れた手になると何をするにしても傷みを感じるようになり、満足に家事を行うことも仕事をすることにも支障が出てきてしまう可能性があります。手の乾燥を防ぐためには皮脂膜の機能を取り戻してあげることも大事になりますが、それ以上に皮脂膜を洗い流さないようにすることが大事です。水に直接触れるのは避けて、ビニール手袋みたいなものでいいので水を避けるようにしていきましょう。水に触れないように生活をしていくと手の乾燥に悩まされることも減って生活も送り安くなるはずですよ。家に帰ってきてからの時間は特に美容に活用しやすい時間になります。自由に出来る時間が沢山ありますのでその時間を有効に使っていくようにしましょう。ただ全部の時間を美容に活かすなんてことは出来ませんし、する必要もありません。幾つかポイントを理解して集中的にケアをしていくと自然と美容に良い生活を送れるようになります。一番注目したいのは入浴から寝るまでの時間についてです。快適な睡眠は綺麗になるために不可欠なため、寝る前の準備を行なっていくとそれだけ質の高い睡眠を取ることができます。寝る前に行なっておくと良い美容にいいこととはどういったものがあるのでしょうか。眠気を感じてストレス無く睡眠に就くためには体温のコントロールが必要になります。人間の睡眠は体温が急激に下がっていくと眠りに付きますので、入浴で温めた体が冷えてくることで睡眠に入れます。体をしっかりと温めておくことと、寝るまでの時間を作ることが大事になります。そのため入浴は睡眠の1時間から2時間前が理想的になります。寝るときには精神的にリラックスしていて、体には余分な疲れが溜まっていない状態が理想的となります。そのためストレッチを行なって気分も体もリラックスした状態を目指してみましょう。これだけでも快適な睡眠に入ることができます。入浴してから睡眠に就くまでにやることは気持ちをリラックスさせるということなので、強い光は避けて静かに過ごしてみると質の高い睡眠に入ることができますよ。竹ノ塚 美容院