朝は色々とやらないといけないことが多いうえに時間は限られています。そんな中で寝癖がついていた場合には大変です。寝癖を治すために時間を割かないといけなくなり、そのせいで本来やらないといけないことができなくなってしまうなんてことにもなりかねません。寝癖を治す方法も大事ですが、寝癖の付かない寝方という物を考えてみたほうがいいかもしれません。寝癖がついてしまう原因には幾つか考えられますが、一番の原因は髪の毛を乾かさないで寝てしまうことです。もしくは乾かしたつもりで寝てしまうことが寝癖の出来てしまう原因です。髪の毛には幾つかの結合がありますが、水に濡れると結合が壊れてしまいます。水分が乾くとまた結合が復活するわけですが、その時にねじれた状態で結合が出来てしまうと寝癖となってしまいます。寝ている時は髪の毛が色々な方向に向いています。髪の毛は寝る前にしっかりと乾かしておかないといけないわけです。まずはしっかりとドライヤーで乾かしてあげることが大事になります。仕事の帰りで明日の朝が早いからといって適当に髪の毛を乾かして寝てしまうと次の朝には寝癖を直すための一手間が必要になってしまいます。忙しいからこそしっかりと髪の毛を乾かさいてあげる必要があることを理解しておきましょう。ドライヤーで髪の毛を乾かす目安は5分程度とも言われています。時間をかけて乾かすと髪の毛の乾燥を招いてしまうので手早く乾かすようにしてください。慣れてくると素早く乾かすことが出来ますので、適当に済ませないようにしてあげてください長くてスラっとした脚に憧れる女性は沢山います。でもそういった脚にあこがれている人の多くは20歳を迎えて成長期を過ぎてしまった場合が多く、自分の脚はもう長くはならないと諦めてしまっている人も多と思います。実際に成長期を過ぎた状態で身長を伸ばすことも難しいですし、脚を長くするということも可能性としてはほとんどありません。でも脚を少しだけ長く見せることは出来るかもしれません。短足というコンプレックスを抱えている人も少しだけ脚を長く見せてスタイルのバランスを変えてあげるだけでも理想的な脚を手に入れることができるかもしれませんよ。一番重要になることはお尻を上げるということです。おしりが垂れ下がっている状態では脚が短く見えてしまいますが、おしりがキュッと上がった状態になれば脚が少しだけ長く見えるようになります。お尻は脂肪が付きやすく、筋肉が衰えてくると脂肪を支えることができなくなり垂れ下がり気味になります。加齢によって起こりやすいと思われがちですが、若くてもお尻が垂れ下がっている人は沢山います。自分の後ろ姿を見てみて、お尻がたるんでいるようならそれは勿体ないことです。お尻を引き締めてあげるだけでもスタイルのバランスがよくなり、それまで短足に思われていた脚も長く見えるようになります。もっと長い脚を手に入れたいと考えている人はとにかくお尻を引き締める運動を始めてみるといいでしょう。お尻歩きなんて方法が引き締め効果抜群です。新宿 美容院