朝は忙しいとはいえスキンケアは時間をかけていきたいなんて人もいるかもしれません。スキンケアって時間をかければいい効果が発揮できるという物ではありません。スキンケアを行うときに大事なことは基本的なことをしっかりとやれているかどうかです。省略することはダメですが、各工程を手早く済ませていくというのは肌にとって重要なことなのです。朝起きてからのスキンケアでは夜中ほど丁寧に行う必要はありません。夜中の洗顔はメイクの汚れと一日の汚れを全部落とすために行いますが、朝の洗顔は夜中の間に付いたホコリや寝ている間に分泌された皮脂汚れを落とすだけです。洗顔料なんて必要ありませんし、ぬるま湯で洗えば簡単に汚れは落とせます。化粧水にしても同じです。メイクをした跡の肌は非常に乾燥しているので化粧水をしっかりと使わないといけませんが、寝ている間ならそこまで乾燥が進行することもありません。加湿器を使うことで乾燥しにくくすることも出来ますので化粧水を使うときには夜中ほど入念にする必要はありません。後は美容液を使って乳液やクリームを使って保湿を行うことができればスキンケアは終了になります。スキンケアは肌に対してやり過ぎると負担になりトラブルを引き起こすことになります。朝のスキンケアは手早く済ませていくくらいがちょうどいいということになります。朝起きてからスキンケアは限られた時間を使って素早く終わらせていくように心がけたほうがうまくいきますよ。寝癖を濡らしてから乾かすというのは一番効果的な方法になりますが時間がかかってしまうというのが難点です。蒸しタオルを使って寝癖を直す方法もありますが、乾かさなくても済む分、寝癖が直るまでには時間がかかってしまいあまり効果は期待できません。忙しい朝に直さないといけないことを考えると時間のかかる方法は試しにくいですよね。寝癖を直すのに時間をかけずに行ういい方法は無いのでしょうか。寝癖の状態にもよりますが、それ程強い癖が付いていないと言う時には帽子をかぶることで直すことができます。帽子を被っていると汗で髪の毛が湿ってきますので、それで結合が壊れて、帽子をとった時に乾かされて寝癖が改善されるということになります。寝ぐせがひどく無い時にはとても有効な方法で、一々家の中で寝癖を直さなくてもそのまま帽子を被って出かければ済むために時間は全くかかりません。忙しい時に試してみるといいでしょう。帽子は寝る前に被って寝るというのも効果的です。帽子を被って寝れば髪の毛が色々な方向を向きませんし、固定されますので寝癖がつかずに眠ることができます。あまり締め付けのきつい物はダメですが、締め付けのゆるいニット帽を被って寝れば余計な寝癖を付けずに済みます。髪の毛が長いと帽子の跡が残ってしまうので髪の毛が長すぎないときに試してみるといいかもしれません。帽子を利用することで寝癖の治せたり、予防することができたりします。上手に帽子を被って寝癖対策に利用してみてください。青山 美容院