ワインは美容に良いといっても、ワインにも赤ワインと白ワインがあります。そのどちらも美容や健康に良い効果を持っているわけですが、発揮する効果についてはそれぞれ違いがあります。まずは赤ワインの美容効果について調べてみましょう。赤ワインにはアンチエイジング効果が期待できます。肌荒れや肌の乾燥、新陳代謝の促進効果が赤ワインの持っている主な美容効果になります。ポリフェノールが活性酸素の働きを抑えてくれて、脂肪燃焼効果を高める褐色脂肪細胞を活性化させる効果があります。肌の老化、若返り、ダイエット効果を期待するなら赤ワインを飲むようにしてみると良いでしょう。それに対して白ワインの美容効果としては、デトックス効果になります。便秘の解消、利尿作用、丈夫な骨を作ると言った特に健康に良い効果が期待できます。ミネラルをバランスよく含んでいてカルシウムやマグネシウムは骨を丈夫にする働きを持っています。マグネシウムには便秘解消効果もあるので腸内の働きを正常にしてくれます。カリウムには利尿作用があり、体の中のむくみ等を解消することも出来ます。便と尿は体の中の9割以上の老廃物を占めていますので、体の中を綺麗にしたいという人にとっては白ワインが効果的ということになります。肌の若さや美しさを求めている人は適量の赤ワインをのみ、体の内部を綺麗にしていきたいという人は適量の白ワインを飲んでいくなんて使い分けをするとワインの美容効果を十分に感じ取ることが出来るはずです。緑茶は美容にとって大変高い効果を持っていますが、飲みすぎた時に副作用の心配はないのでしょうか。普段から緑茶を飲んでいるという人が副作用の心配なんてしないかもしれません。しかし緑茶に含まれている成分だって摂り過ぎてしまうと体にとっては害となる事もあります。基本的に水溶性のビタミンであるビタミンCは体の中に蓄積することがないため副作用を引き起こす心配はありません。βカロテンは体内で脂溶性ビタミンであるビタミンAに変換されます。ビタミンAの摂り過ぎは副作用の心配もありますが、βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変換されているため、βカロテンの摂り過ぎによる副作用の心配はしなくても大丈夫そうです。肺がんのリスクもあると言われていますが、サプリメントによる摂り過ぎでもそれ程心配する必要は無いようです。ビタミンEも脂溶性のため過剰な摂取は控えたほうがいいわけですが、緑茶で過剰摂取の心配はまずありません。緑茶に含まれているカフェインはコーヒーのように強い効果は無く、これも緑茶での摂り過ぎの心配はありません。含まれている茶カテキンの効果でカフェインの強い刺激は抑えられていて、やはり飲みすぎによる過剰摂取の心配はまずないでしょう。基本的に飲み過ぎることによるリスクはまずありませんが、お茶として飲む場合は水分の摂り過ぎによるむくみの心配はあるかもしれません。1日3杯位が理想的と言われていますので、その位の量を目安に飲んでみてください。大名 美容院