女性にとってキメが細かく白くて透き通るような肌は憧れの的です。誰もが羨む綺麗な肌を作るためにはどうしたらいいのでしょうか。綺麗な肌にするためには肌の汚れを落とし綺麗に洗い、スキンケアに時間をかけて、睡眠をしっかりとって、肌に必要な栄養を補給して、といったような事を真っ先に考えてしまいがちです。確かにそういったことも大事になりますが、それと同じくらい重要な事が肌にいる常在菌との付き合い方です。皮膚常在菌なんて言葉を聞いたことのある人も多いかもしれませんが、なんとなく悪さをしている菌だと思い込んでいる人が多いようです。実は皮膚常在菌は肌を綺麗に保つために不可欠な菌で、うまく付き合っていかないと肌トラブルを引き起こしたり、病気になってしまうこともあります。皮膚常在菌の存在を意識して美容のためにいい生活を送っていく事が大事になります。自分の肌を育てたり、再生したりといった自分の体に関することだけでなく、一緒に共存している皮膚常在菌の存在も意識して美容を心がけていく事が綺麗になる基本になります。人の肌には常在菌が1兆個住んでいると言われています。1兆個の常在菌と喧嘩する事無く付き合っていければ、常在菌は自然と肌を綺麗にしてくれる働きがあります。肌に負担をかけたり、常在菌を無視した生活を送っていると常在菌に見放されてしまうかもしれません。肌を守ってくれている菌の存在を大切に扱っていくことで望み通りの美肌を手にすることができます。角質を落とす洗顔が人気です。肌に積み重なった古い角質は肌を乾燥させてしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。特に気をつけないといけない事がターンオーバーを遅らせてしまうということです。ターンオーバーが行われて新しい細胞が作られても肌に厚みを増してしまった角質はターンオーバーのサイクルでは剥がれてくれなくなります。そのためターンオーバーのサイクルは遅れて行ってしまい、肌は老化していくことになります。古い角質を取り除くことでターンオーバーのサイクルを正常にする事が出来ます。角質を落とすケアの中にはスクラブ洗顔とピーリングケアがあります。どちらも古い角質を落とすために行われる方法ですがいまいち違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。基本的にエステなどではそれ程大きな違いで語られることもないようですが、角質ケアの方法が違います。スクラブ洗顔は細かい粒子によって肌を磨き角質を落とす方法、ピーリングは角質を取り除くための薬剤を使って角質を剥がす方法です。どちらも角質を落とすことに変わりませんが、そのアプローチの方法が違うという事です。自分の肌質によってはピーリングは合わないとかスクラブでは上手くいかないなんてことになりますので、角質ケアをするときには肌に合わせて使う物を選ぶようにしてください。特にピーリングは肌の弱い人には向かいケア方法なので、専門家に相談してやっても大丈夫か聞いてみたほうがいいですよ。相模大野 美容院