お風呂は美容にとって欠かすことのできないことです。普通に入るだけでも十分に効果の高いお風呂ですが、どうせなら少しでも効果を高くするために入浴剤を使ってみたいところです。しかし市販されている入浴剤を購入するまではやりたく無いと言う人もいると思います。入浴剤は別に市販されているものだけが全てではありません。工夫次第で十分に入浴剤の役割を果たしてくれる物があります。特に体を温める効果の高い物が生姜でしょう。生姜をお風呂に入れて入浴剤変わりにすると美容にいい効果を期待することができます。まず一つ目としては冷え性の改善です。冷え性に悩まされやすい女性の中には実際に試しているという人も多いかもしれません。二つ目は殺菌作用があることです。ニキビや体臭に悩まされている人には心強い効果といえるでしょう。三つ目の効果は新陳代謝の促進です。血行を改善する効果があるので新陳代謝も高くなり、さらにダイエットにも効果を発揮してくれます。ターンオーバーが乱れていて肌の調子が悪いと感じている人に有効です。四つ目は体の汚れが落ちやすくなる効果です。タンパク質を分解する酵素が含まれているので、体の汚れを効率的に落とせると言われています。これらの効果が期待できるので生姜を使って入浴をすると肌がいつも以上に綺麗になります。健康面でもリュウマチに効果が高いと言うことなので冷え性にもリュウマチにも悩まされやすい女性にとっては心強い入浴剤になってくれるはずです。塩シャンプーは余計な界面活性剤等が含まれていないという事が大きなメリットになります。界面活性剤は肌を傷めてしまいます。頭皮は顔の肌よりもデリケートな場所になるので当然界面活性剤の影響も大きくなります。そのために界面活性剤を使わない塩シャンプーが頭皮に優しく髪の毛を強く出来る方法になります。塩シャンプーを使った時に悩む事がその後のリンスを使うかどうかでしょう。リンスを使っても良いのですが、できれば使わないようにしてください。せっかく塩シャンプーで頭皮に優しい洗い方をしたのにリンスを使ってしまうと意味がなくなります。リンスにも界面活性剤が含まれているので、髪の毛をサラサラにしたいからと言ってリンスを使ってしまうと結局髪の毛を傷めることになってしまいます。塩シャンプーを使った目的が髪の毛や頭皮を傷めないための物としている人は特にしようを控えるようにした方がいいでしょう。塩だけで洗うとどうしても髪の毛のごわつきが気になってしまうと思いますので、リンスも天然ものに拘ってみてください。市販されているリンスでは無く酢を使ったリンスを作り使います。洗面器に半分ほどお湯を入れたら大さじで1杯から2杯程度の酢を入れます。これを塩シャンプーで洗った髪の毛になじませるとリンスと同じ効果を得ることが出来ます。市販のシャンプーとの組み合わせでは効果がありませんので、市販のシャンプーを使わなかった時にだけ試すようにしてみましょう。高円寺 美容院